車と風

我が家では、あまり車を利用しないのですが、墓参りの時期になると必ず車を利用します。
父方と母方の墓地をはしごするので、車があった方が便利なのです。

 

車はそこまで好きではないのですが、こういうときに乗る車は好きです。
不謹慎にも昔から「お墓参りツアー」という名前になっています。

 

これは、小さい頃お墓参りが嫌いだった弟が、少しでも楽しくなるようにとつけた名前です。
その名前を今でも使っているのですから、予想以上に大当たりだったといえましょう。

 

最初に行くのは母方のお墓です。
今の家から15分ほど車を走らせたところにあります。

 

風が吹き抜けて気持ちいいので、夏は最高です。
そこから父方のお墓へは、車で20分くらいでしょうか。

 

高い建物が少ないせいか、こちらも風が気持ちいいです。
私は基本的に車に乗ると酔ってしまうのですが、風に当たると気になりません。

 

この風が楽しみと言っても過言ではないかもしれません。
車に乗っているおかげで楽しめる風だと思っています。

対向車を避けて側溝に落ちた

私の運転が未熟だった時の話です。免許を取ってまもなくで運転するのが楽しく色々な所に行っていました。

 

知らない道も有りその時は地図も持っていなかく、知らない道だけど走っていればどこかの道に着いて帰って来れるだろうと思っていましたが、やがて行き止まりに着いてしました。

 

しょうがないので今走ってきた道を走っていたら、対向車が私の車線に入ってきて咄嗟にかわした所までは良かったのですが、咄嗟による対処と運転未熟が重なってしまって側溝に落ちて身動きがとれなくなってしまいました。

 

頭が混乱していて何をすればいいかわからずボーっとして何分か経ってから車を出て車がどのようになっているか確認してから冷静になってから「JAFに入っていたんだ」と気付き電話をしたのですが、一時間ぐらいかかるので待っていて下さいと言われて少しほっとしていましたが、その時に一台の車が来てくれて「大丈夫ですか?」と言われて私も「大丈夫です」と言ったらその人は帰っていきました。

 

それから何分か経ってからその人が対向車の人だと気づいたのですが、すでに遅くだんだん腹立ってくるやら悔しい思いをしたのを今でも思い出します。車自体も大したことにならないで済んだのですが、側溝から出す工賃が高くて支払うのに大変でしたが、今ではいい勉強になったなと割りきっております。

ワンボックスは綺麗好き向き?

私だけなのでしょうか?ワンボックスのような荷物が多く乗る車に色々のせてしまうのは…。

 

夏なんかは、急に海に行きたくなった時のためにビーチサンダルからタオル、日よけテントやミニテーブルまで載せて満足するタイプなのです。
一緒にいる友人には用意がいい!と褒め称えられるものの当然車の中はごちゃごちゃしていますし重いです。

 

決して汚くなるわけじゃないんですが、ハッチバックを開けると「もう何も乗らないね」という感じです。
一度大掃除をしようと思って全部おろしたのですが、今度は予備タイヤ上のスペースに震災グッズを積みだす私。

 

トイレットペーパーの芯を外してつぶして収納するところからやって、終わったころには何も変わらない荷物量に自分で情けなくなってしまいました。
でも!いつなにが起こるか行くかわからない!とおもって結局自分で自分を納得させてしまうんですよね。

 

友人一家も同じワンボックスですが、とーっても綺麗に整理されていて…というかものがのっていない。
私の車との違いは一目瞭然です…。

 

結構こういう人多いと思ってたんですが、ワンボックスって物が多い人間には不向きなんじゃないかと最近思ってきました。
物をのせない、いつも整頓がキチンとできる、マメに掃除ができる。

 

こういった人間がのるべきなんですね、きっと。
反省して車に合う人間にならなければいけませんね…。